cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ビッグバードも、購入後4000kmを走行し、トータルの走行距離が5000kmを超えたので、
オイル交換をすることにしました。
20W-50という、他ではあまり使われない粘度のオイルなので、純正以外ではなかなか無いのですが、
すでにBMW乗りの中にも愛用者が多い、ホンダのウルトラS9というオイルを使用しました。
(昔のウルトラGPの名前が変わったんですね)

今回はオイルフィルターを交換しない為、3.6Lほど入れましたが、
少しエンジンを回してから、停止後油面が安定したところで確認すると、UPPERぎりぎりまで入ってました。
まー、交換前に納車時よりオイルは減っているように思ったので、多めの方がよいかも知れません。
当然許容範囲には収まっているわけですし。

まだ、走ってないのですが、エンジンフィーリングが変わるかどうか、興味津々です。

6/12
昼飯ついでに、近場で少し乗ってきました。
んー、特にフィーリングは変わらないかなぁ?
オイルの入れ過ぎと、タンデムのためか、スタートで3度もエンストしてしまいました。
オイルどうやって抜いたらいいんだろう・・・?

6/19
やっぱ、オイル入り過ぎだったので300ccほど抜いてみました。
もう少し走るとフィーリングの変化もわかるかな?
ついでにリアサスのセッティングがめちゃめちゃだったのでノーマルに戻しました。
極低速でのふらつきがこれで解消されるかな?












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cafehelios.blog53.fc2.com/tb.php/84-0ee4cc1e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。