cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
仕事のメインで使うパソコンのキーボードには、割にお金をかけていて、ここのところFILCOのメカニカルキーのものを愛用しています。
先代は、FKB-107J-AIという機種で、かなりカチャカチャ音も大きく、配列が若干特殊なため、ミスタイプも割に多かったのだけど、キータッチが気に入っていました。
結局5年ほど使用して、キートップがかなりテカってきたので(それでも、アルファベットの印字はほとんどかすれていないのは凄いが)、新しい機種に買い換え。
二代目は、FKB108M-AI。これは、107Jよりも配列が標準的で、キータッチも良好ながら、若干107Jよりは静かで、かなりのお気に入り。
しかし、2年以上経って、「S」キーにチャタリングが発生するようになってきた。
そこで、後継機種を物色・・・ところが、FILCOの同等機種がかなり値上げされている。

で、色々調べてみました。
FKB-108M-AIには、ドイツのcherry社というところのキースイッチが使用されています。
このcherry社のキーを使用したキーボードは各社から発売されているので、同等のモノを探してみました。
見つけたのがコレ。
IMG_0188.jpg

上が二代目のFKB-108M-AIで、下が今回購入したエレコムのTK-FCK024BK。
キー配列やサイズがほとんど同じで、使用しているキースイッチも同じcherryの茶軸というタイプ。
IMG_0190.jpg

キーの配置は同じでも、傾斜はメーカーが違うと結構違います。
IMG_0189.jpg

ここ数日使った感じでは、かなり良好。
日本語配列で、カナ印字が無いという、ちょっと変則的なキーボードですが、ローマ字入力なので、特に問題ありません。
「ゲーミングキーボード」となってますが、デザインもシンプルで、事務用にも最適です。キーボードに拘る人には結構オススメですね。


で、とりあえず引退したFKB108M-AIですが、販売元のダイアテックに問い合わせたところ、修理は可能とのことなので(修理代で安いキーボードが二三個買えますが(^_^;))、とりあえず修理して予備に置いておこうと思います。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cafehelios.blog53.fc2.com/tb.php/702-f2f02bb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。