cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ZIP-FMで、カーペンターズの名曲「スーパースター」をファンの妄想の唄だって紹介してました。
・・・ちょっと曲解されているような・・・
この曲、スーパースター(ミュージシャン)の追っかけの女の子の唄なんで、別に「It's just the radio」と歌っているからって、ラジオを聞いて妄想しているわけじゃないんですよね。
「Long ago and oh so far away
I fell in love with you
Before the second show」
遠い昔、2度目のコンサートの前に恋に落ちた、って歌われているように、駆け出しの頃に追っかけの女の子をつまみ食いしちゃった、って事なんでしょうな。
この曲、誤解される理由もあって、「To be with you again」っていう下りがあるんですが、元々は「To sleep with you again」だったのを、カーペンターズには合わないからって、「be」に変更したらしいですな。

まー、こういう唄は洋邦問わずあるようで、風の「あの唄はもう歌わないのですか」も同系ですね。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cafehelios.blog53.fc2.com/tb.php/642-798b2b15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。