cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
RM-A4000同様に、今回のGSチャレンジで初出動したetrexVISTA HCx。
2日半使ってみた感想です。

1:電池の保ちがいい
foretrex101では、朝出発して、夕方頃には電池が切れてしまったんだけど、
こいつは金曜日の午後出発して5時間半ほどで現地まで行き、
土曜日は朝9時から夕方7時近くまで走っても、まだ電池残量がありました。
GPS設定もWAAS有効にした状態でです。
これなら、一日毎に電池を交換するようにしておけば、余裕でツーリング記録がとれますね。

2:地図も意外に役立つ
コマ図ツーリングの時はナビを外していたのですが、こいつの地図を表示させておくと、自分がどこへ向かっているのかが、ある程度把握できて、なかなか使えるな、と思いました。
あまり詳細な地図は入れてないんですけどね。

3:さすが高感度
ログを確認してみましたが、林道走行中も、割とずれが少なかったですね。

4:ログ保存が簡単
マイクロSDカードにトラックログが保存されるのですが、本体からカードへログを転送したりしなきゃいけないのかな?と思っていたら、
カードへログ保存する設定にしておくだけで、1日毎にgpx形式のGPSログファイルが自動的に生成されていました。
USBケーブルかカードリーダーを使ってパソコンにコピーすれば、すぐにカシミール3Dなどで利用できます。

5:ロゴが寂しい
「etrex」のロゴだけじゃなく、旧白黒モデルなどのように、GARMINのマークも入れておいてほしかった。

と、まぁ旅の記録道具としては十分及第点をつけられますね。
それだけに使うのはもったいないと言えばもったいないですけど・・・












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cafehelios.blog53.fc2.com/tb.php/409-83694b70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。