cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

先日届いた錆取り剤を使って、セローのタンクの錆取りを行いました。


まず、車体からタンクを取り外して、燃料コック・キャップを外して、変質したガソリンを抜き、水洗い。
大きなタライが無かったので、RV-BOXの中で洗いました。
油分を出来るだけ取り除く為に、錆取り剤と一緒に購入したRG-Soupという洗剤も使用します。
この時点で相当な量の錆が出てきました(-_-)


よくすすいだら、次にRS-R1000投入。ですが、その前に、燃料コックを外した穴はガムテープでふさいでおきます。
20リットルにつき1本(900cc)投入とのことですので、約半分をタンクに注ぎます。
隅々まで行き渡るように、タンクを振り振りして錆を落とします。
前の家の子供が、「おにーちゃん、何やってるのー?」と声をかけてきました。ええ子やなぁ~(^_^;)


数分で見る見るうちに錆は消えていきました。(まさに「取れた」というより「消えた」!)
透明だった液も、化学変化(?)黄色くなっていきます。
念入りに撹拌を続けた後、液を排出。


この撹拌作業時に、タンク下の燃料コックの穴はガムテープでふさぎましたが、タンクキャップの穴はそのままだったので、素手で押さえて蓋をしながら振り振りしました。
当然、薬品が手に着くのですが、それで肌に異常はありませんでした。
ただ、傷口などがあると、傷みがあったりするそうですから、手袋着用などが必要だと思います。


錆防止処理をする前に、錆取り剤を念入りにすすぎます。今度もRG-Soupを使用しました。


すすぎが終わったら、水を切って、燃料コックの穴をふさいでから、錆止め剤のER-G3000を希釈した液を投入。再びタンクを振り振りして、すみずみまで行き渡らせてから排出。


あとは、ドライヤー(送風のみ)で乾燥させれば出来上がり。


錆取り後のセローのタンク
(使用後の写真です。使用前の写真撮るの忘れてましたm(_ _)m)


なんと、ここまでゆっくりやって約2時間でできてしまいました!
ネット検索して、かなりの効果があることは知っていましたが、正直ここまで凄いとは思いませんでしたねー。


さて、次はどこに着手しましょうか?


つづく

作業時間が短いっ!機会が在ったら使ってみたいなぁ!

2006.07.10 13:51 URL | 番頭 其の壱 #- [ 編集 ]

8月1日から、RS-R1000が2520円→3150円に値上げになるそうです!

2006.07.10 14:04 URL | マスター@ないとー #vqm8JHu. [ 編集 ]

コノ効果と作業時間を見りゃ、安いカモ?ピカタンにしてもクリームタンクライナーにしても6000円前後だった記憶。

2006.07.10 23:20 URL | 番頭 其の壱 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cafehelios.blog53.fc2.com/tb.php/212-5a3972e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。