cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |


R1200GSにマップケースを取り付ける場所について考えてみます。


とりあえず、バイクにまたがってみて思いつくのが、トップブリッジの上ですね。
ハンドルにバンドで固定すれば簡単だし。だけど、これはダメ。
トップブリッジはだめよ

まず、視線の移動が大きいこと。
次に、R1200GSの場合、トリップメーターが隠れてしまう可能性もあります。


じゃぁ、どこに付けるか?マスターはこうやってつけてみました。
(巻き取り側のシャフトは長すぎたので少し切ってあります)
マップケース装着
メーターの上にツアラテックのGPS等を付ける為のバーがあるので、それに固定してあります。
右に謎の物体がある為、少し左にオフセットしてしまいました。
まぁ、視線の移動も少なくて済むし、前方の視界も大きく妨げるわけでは無いので悪い装着位置では無いと思います。
ただ、R1200GSの場合、車体が大きく、メーター類がライダーから遠い位置にあるので、マップケースも遠くなってしまいました。
マップの巻き上げ時に手をハンドルから離して遠くのノブを操作する必要があります。
フレキシブルなチューブなどでノブを手元まで持ってくる方法もありますが、なかなかうまくはいきません。
一番良いのは電動巻き上げタイプのマップケースを使うことなんですけど、市販品は高いし、自作も困難なので、これで我慢します(^_^;)


通常は、ツアラテックのバーも無いと思うので、メーターをぐるっと囲んでいるパイプ(?)に、片サドルなどを利用して固定したらよいと思います。


取付に関しては、車両毎に事情が変わってきますので、現物合わせで最適な場所を探すしか無いでしょう。
ラリー出場車両の写真などを見て参考にするのもよいでしょうね。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cafehelios.blog53.fc2.com/tb.php/202-b47e53be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。