cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

一つは単焦点の明るい標準レンズが欲しいなぁ、と思って、
銘玉と言われるFA35mmF2ALとかFA28mmF2.8ALなんかが比較的安くていいのかなぁ・・・なんて探していたんです。


*istDSだと銀塩の約1.5倍と考えればいいので、両者が所謂標準レンズと考えていいわけです。
50mmだと中望遠になってしまうので(それはそれで面白いと思うが)ちょっと使いづらい。


で、FA35mmの評価がかなり高いのですが、現在も生産されているらしいし、ちょいと広角よりで、PENTAXのいう「新標準」の43mm相当になる28mmが生産を既に完了したこともあり、かなり欲しくなってきてました。


しかし、新しいFAレンズはそれなりに高いわけで、3万円近くを今使うのは結構キビシイなぁ、と、古いマニュアルフォーカスレンズも視野に入れてみました。
すると、安物のイメージはあるが品質は高いと評価のあるCOSINAからも同じ28mmF2.8でかなり安価に出ていたらしい。けど、これも現在は完了品、中古も出てない。
さらにそこから検索していったら、「TEFNON H/D-MC 28mm f/2.8」という謎のレンズに出会ったのです。


生産販売元は小堀製作所という会社で、キャノンのレンズの生産なんかもしていた(?)らしい。
電話でしか受け付けていないということで、とりあえずしてみました。
「え゛?そんなお値段で良いのですか?」
古いMマウントの中古より安いでわないですか。


明日、発送してくれるそうです。ワクワク・・・












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://cafehelios.blog53.fc2.com/tb.php/158-6d3652e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。