cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

冬以外のシーズン用のグローブが少し傷んできたので、新しいのを買ってみた。
買って「みた」と言うのは、これまで何度も用品店で合わせてみたけど、いいサイズのものが無いんですよ。手が大きすぎて(T_T)

先日、奇跡的に(おおげさ)サイズが割とぴったりきたのが、ラフ&ロードのXLサイズのウィンターグローブ。この冬の後半に使っています。
で、ラフロのXLならOKかも?と、ネットでウインドウショッピングしていて気になったコレを買ってみました。

プロテクションツアラーグローブ RR8016
どうやら、鉄板のベストセラーらしい。
IMG1518.jpg



なぜ、これを選んだかというと、カラーリングがバイクとおそろいだったから(^_^)
(フランス国旗のカラーなんですけどね(^^;))
IMG1520.jpg



で、肝心のサイズはというと・・・指の長さは良かったけど、手の平がパッツンパッツン(>_<)
んー、びみょーです・・・
IMG1521.jpg

事件現場の立ち入り禁止ロープのような荷造りテープで梱包された荷物が、海を渡ってやってきました。
IMG_1474.jpg


中身はコレ。
IMG_1475.jpg


泥はねがひどいと言われるR1200GSでは定番とも言えるMudslingですな。
黄色の時は10年近く、このようなものはつけていなかったのだけど、今回はつけてみることにしました。
しかし、発注してから一週間で届くとは、nippy normans仕事早いな。

まずはフロント。これが装着前。
IM1476.jpg


装着後。
材質の質感も似ているので、取り付けても違和感はないですが、予想以上に雰囲気は変わりますね。
IM1477.jpg


続いてリヤ。装着前。
IM1478.jpg


わかりづらいけど、装着後。
リアサスとかが後ろから見えなくなります。
IMG_1479.jpg


右側から見たところ。
フレームの隙間がふさがれるので、脚への泥はねが軽減されそうです。
IMG_1480.jpg


左側も同様ですが、こちらは、センタースタンドかける時に握る場所なので、ちょっとビミョー(>_<)
IMG_1482.jpg


おまけにサスペンションのカバー先端が接触しているので、戸当たり軽減用のテープをとりあえず貼っておきました。
サスペンションのカバーを外しちゃってもいいのかな?
IMG_1490.jpg


と、一部ビミョーな部分もあるけど、仕上がりの精度も良く、樹脂製とは言え、それほど安っぽい感じもなくてイイ感じ。
取り付けも非常に簡単でした。

たまたま、購入時に装着されていたエンジンヘッドカバーも同じメーカーで、machineartmoto三兄弟そろい踏みとなりました。
IMG_1492.jpg