cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
009Zアップデート中


X01SCに懲りたにも関わらず、今もスマホで苦戦しています。
昨年1月に、ガラパゴス003SHという何とも忌まわしい端末に機種変更し、だましだましで使ってきましたが、ここのところの起動のあまりの遅さに辟易して、オールリセットをしたら、動作が不安定になってしまいました。
普通はリセットしたら、動作がサクサクになって調子が良くなるはずなのに~(T_T)

で、003SHに見切りをつけ、iphone5に逝っちゃおうかとも思いましたが、LTEプラン必須で、料金が高くなってしまうのがいやで見送り、とりあえずの繋ぎに009Zというマイナーな端末を入手しました。
地味ながら、それなりに使える機種らしかったのですが、着信音の鳴り分け設定ができないし、少々クセはあるようです。
まー、少々のクセはいいとして、何だかbluetoothが安定しないし、タッチパネルの反応もあまり良くない。
特に、シリコンジャケットをつけるとタッチパネルが両手使いしないと反応しない。

ファームウェアを更新すると通話品質向上など、いいことがあるそうなので、先日から何度もやっているのですがうまく更新ダウンロードができなかったのですが、本日めでたくダウンロードに成功。
先ほど最新ソフトウェアへの更新が完了しました。
タッチパネルの反応もよくなったようだし、bluetoothの動作が改善されているといいなぁ・・・

【追記】
アップデートしたからか、前からできたのかはわかりませんが、着信音の個人別鳴り分けはできるようです。設定する場所がわかりづらいので気付かなかっただけかも知れませんが・・・
しかし、メール着信音の鳴り分けや、グループでの鳴り分けは、やはり設定できないようです。

スポンサーサイト
先日購入したレッツノートCF-B11は、標準搭載のメモリーが4GB。
通常の使用では特に問題は無いのですが、せっかく64ビットのOSがのってますし、SSDに換装する時のことも考えて、メモリー増設することにしました。

通常のB11は、公式には標準4GBで空きスロットが1個、そこに追加は4GBまでで、最大8GBということになっています。
しかし、直販のプレミアムモデルでは8+8GBの16GBになってるのです。
これは怪しい・・・ということで、人柱覚悟で8GBのメモリーを購入して増設しました。
メモリーチェック中


あっさりと、12GB認識してます(^_^;)
ちなみに、このmemtest86+はUBUNTU11の起動ディスクから実行しました。
なぜかUBCDだとメニューは出るものの、memtest86もmemtest86+も選択すると再起動してしまい実行できなかったので・・・

今回使用したメモリーは、サムソンの1600D3N-8G-S (LOW)という低電圧でも動作するというもの。
標準でついている4GBメモリーもサムソンなので、同じメーカーの方が相性もいいかな?とチョイスしました。安かったし(^_^;)

MEMTEST86+では、動作電圧がわからなかったので、チェックが終わったら電圧確認して、低電圧動作が確認出来てWindowsの動作も問題無ければ、標準メモリー4GBを8GBに交換するのもチャレンジしてみようかと思います。

b11.jpg 
5年間、富士通ビブロMG70Wを、個人用・外出用、として使ってきました。
OSも当初のVISTAから7に入れ換えて、オフィスも2007から2010に、ハードディスクも大きいのに交換したり、現在はSSDを入れて使ってました。
今秋、Windows8が出る機会に、そろそろ買い換えようかとは思っていたのですが、先日、突然ブルースクリーンに・・・
結果的には、起動するようにはなったのだけど、「classpnp.sys」で停止するという、ちょっとググってみたけど、なかなか原因もわからない厄介なエラーのようなので、この際、買い換えることにしました。

で、長く愛用してきたMGの後継となるSHシリーズも考えたのですが、結構高価だし、前から気になっていたレッツノートの大画面タイプであるBシリーズにすることにしました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。