cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

3年前から乗っているセレナC25。
納車されてすぐに、スピーカーだけちょっといいものに交換してあったのだけど、お金をかけた割には思ったようにいい音がしていないように思ってました。
新品の時はまだスピーカーもアンプも馴染んでないからエージングが必要なんだろう、と思って、しばらくは一人で乗っているときに音量をわざと上げたりして乗ってましたが、そのうち、それも飽きてきて放置状態。
そもそも、一人で乗る時以外は、とりあえずラジオでも鳴ってりゃいいわけで・・・

しかし、今日、一人で乗る機会があったので、ちょっと調整してみようと思いました。

今まで、高音がきついし、何だかやかましい、という風に感じていたのですが、低音も響きすぎて、他の音が埋もれてしまう。
そこで、今までフラット状態で使っていたイコライザーの低音を思い切って最大限に絞ってみました。
あらら、良くなったぢゃん(^_^;)

↓こんなの聞いてました


ちょっとボーカルにきつさが残っているので、今度は高音も絞ってみた。
音がマイルドになってさらに良くなった(^_^;)
いやいや、お恥ずかしい限りでございます。
やっぱり、きちんと調整してあげなきゃだめですね。

ということで、高低共に大幅にレベルを下げることで、今までやかましさに埋もれていた音が甦ってきました。
思うに、メーカー純正もしくはそれに準ずるオーディオは、あの軽量だけが取り柄とも言える(省燃費には貢献している?)純正ノーマルスピーカーを鳴らすために、スピーカーで不足する高音と低音をブーストした状態が標準状態になっているのではないでしょうか?
そこへ、レンジの広いスピーカーをそのまま繋ぐと、ブーストしている部分が強調されすぎて、音のバランスが崩れてしまうから、強調されている部分をちょっと戻してやる必要があるのかな?と。

ただ、まだちょっと余分な響きが残るようなのですが、これはどうやらダッシュボードが盛大に鳴いている様子・・・ドアにはかなり制音を施したつもりだったのですが、ダッシュボードの裏側も必要だったとは(>_<)
これは、とりあえず今後の課題と言うことで、何かついでがあったらやることにします(^_^;)

↓これもなかなかよい感じになりました(^_^)v

コイルを固定した接着剤もほぼ固まってきたので、組み立てて鳴らしてみました。
NS-10M改とりあえず完成

とりあえず置いただけなので、良くなったのかどうかわからん・・・(^_^;)
ちょっと低音が響きすぎるように思うのは、隣のスピーカーが響いてるかもです。
9年ほど前にヤフオクで中古入手していたヤマハのスピーカーNS-10M。
子供の頃からの憧れのスピーカーだったのだが、今一好みの音は出ない。
だけど、カッコイイので置物になっていた。(カッコイイと思っているのはマスターだけで、誰かさんは思っていないだろうが・・・)

しかし、先日からstereo誌のオマケ攻勢にやられて、すっかりオーディオいじりに走ってしまったマスターは、NS-10M(通称:テンモニ)の改造(改良?改悪?)を行うことになったのである。

実は、第一弾は完了していて、「山本式バスレフ」という、ネットでは結構有名(?)な改造を施してある。
ちょっと音がマイルドになったように感じる。(あくまでも感じるだけである(^_^;))
この改造の考案者は、ウーファー用のネットワークをパスして、フルレンジ+ツイーターへの改造をしているが、マスターはネットワークはそのままの構成にして、コンデンサーなどが経年劣化しているはずなので、交換することにした。

で、いきなりネットワークの改造後の写真(^_^;)
NS-10Mのネットワークの部品を交換した-その1-


コンデンサーとコイルはjantzen audioというメーカーのもの。安価だし、評判も悪くないし、一つのメーカーで揃えた方がいいかな?と、あまり深い理由もなく選んだ。
配線は、カナレの4S8Gをバラして使ってみた。これも特に深い理由はない(^_^;)
石を買いました。

御影石


スピーカーのスタンドの下に敷きました。
マスターの耳なんてアテにならないですが、何だかボリウムを上げても、やかましさが減ったような気がします。
プラシーボ効果かも知れんけどね。

まー、それならそれでもええんですわ。お安かったし、見栄えも良くなったし。
ちなみに、購入先は、オーディオムカイさんです。
写真に映ってるのは小さい板だけど、メインスピーカーの下に敷いたのは400×350mmの30mm厚で、一枚2800円でした。
値段は倍になるけど、黒御影石ならもっとカッコイイけどね。
ぼくのあたらしい「ひみつきち」のなかをこっそりみせてあげるね。
竜の介の秘密基地

みんなにはないしょだよ。




おとうさん「あのぉ・・・それって『頭隠して尻隠さず』ってやつですよね(^_^;)」
頭隠して尻隠さず