cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

新しい家族


14日に嵐の中を引き取ってきました。柴犬の赤ちゃんです。


「竜の介」と名付けました。よろしくね。

女神湖常連のタカハシさんから情報いただきました。


7月21日(土)に走行会を女神湖のコースでするそうです。
ガルルに乗っているそうです。又、KTM埼玉のホームページにも乗っているとの事です。
女神湖は10月に開催との事、林道は昔の川原のような道だった所が掘れているとの事、
統合で佐久市となり予算が付かないとの事で(昔のような道が面白い?)大会直前に「M&M」が自費でブルを入れるとの事です(オフィシャルの緊急車両を通すため)。


走行会って、KTMの試乗会なんでしょうかね?
昔のコースのようにちょっと荒れてきたようなので、ちょっと面白いかも知れませんね。


タカハシさん、ありがとうございました。

昨日のmotoGPオフィシャルページからのニュースによると、何とスズキのジョン・ホプキンスが2008年からカワサキに乗ることが決定したそうですね。


まだ、シーズンの折り返し点で、公式な(正式には次のドイツGPで発表されるらしいですが)情報が出るというのは珍しい。
しかも、調子の出てきたスズキに乗る、有望な若手の移籍、ということで、他のチームの来期の編成にも少なからず影響を与えそう。


まず、気になるのは、ホプキンスの抜けた後のシートに誰が座るか、ということ。
海外のメディアでは、現在スーパーバイクのポイントリーダーであるトスランドを有力候補と見ているようですが、あくまでも憶測の段階。
それよりは、他のGPチームから経験あるライダーの移籍の方が有力のようには思います。


次に、カワサキでホプキンスの同僚になるのは?
ドピュニエが残留するのか、ウェストがドピュニエを押し出すのか?


来シーズンのシートの怪しいエドワーズやカピロッシの動向も気になりますね。
250で圧倒的な強さを見せているロレンソが来期はヤマハでロッシの同僚になる可能性が高いと言われているみたいですが・・・


とりあえずは、残り半分、白熱してきたチャンピオン争いを楽しみましょうか。


しかし、ホプキンスの彼女(?)って、すっごい美人だよね。

カタルニアでは、ロッシとのラストラップまでのバトルを制し、ドニントンでは悪天候もものともせず独走。
もはや、ケーシー・ストーナー&ドゥカティに死角は無いか、と思い始めてたのだけど、先週末のアッセンを観て、まだまだわからないな、と思いましたね。


不安定な天候で予選順位を大きく落としてしまったロッシが、うまくタイムアタックしてフロントローを獲得し、トップを快走するストーナーを追い詰めて、ラスト4周で抜き去ると、そのまま間隔を広げてフィニッシュ!見事な横綱相撲でしたね。
これまでの8戦で積み上げてきたストーナーの自信を根底から覆してしまうかのような見事な勝ちっぷり。


「ポイント差を5つ失っただけ」と言葉少なに語ったストーナーと、自信満々に「自分自身のベスト5レースの一つ」と言い切ったロッシが対照的でした。
残すところGPも丁度半分の9戦。王者ロッシの巻き返しとそれを迎え撃つ新星ストーナーの一騎打ちから目が離せなくなってきました。
そして、ホントに久しぶりに表彰台に帰ってきたヘイデンとチームメイトのペドロサらホンダ勢がその争いにどう絡んでくるかがポイントになりそうです。
夏休み明けのチェコが重要なレースになるんじゃないかな・・・?

もう1ヶ月以上前に注文したカルー(T)、6月下旬入荷とのことだったんだけど、なかなか連絡が入らないのでおかしいなぁ、と思っていたら、昨日タイヤ屋さんから電話がかかってきました。


「8月中旬になるそうですよ」


昨年のGSチャレンジのタイヤパッケージの時も入荷見込み無しということで、カルー無印にしたんですが、先日のGSチャレンジではかなりの装着率だったんで、潤沢に流通してきたのかな?と思ったんだけど・・・(>_<)


気長に待ちます・・・