cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

昔、「600万ドルの男」(旧題:サイボーグ危機一髪)ってアメリカのテレビドラマが大好きで見てたんだけど、これは、カメラバッグです。
ユニークなデザインと使いやすさで評判のクランプラー社の製品を初めて購入しました。


クランプラーの5ミリオンダラーホーム


んー、ちょっとピンぼけだ(^_^;)・・・しかも色が変だし・・・(T_T)

R1200GS.infoっていう、12GSユーザーのページがあるんだけど、久しぶりにそこを覗いてみた。
Under-tailExaustなんて、変なサイレンサーつけてる人もいるけど、やかましくないんだろか?確かに荷物をたくさん積んでも横幅を抑えられるけどね。


ヘッドライトバルブの交換というページを見ると、
「明るいロービーム!!」
このバルブのパッケージって、そのまんま日本語やけど・・・アメリカで売ってるんやろか?


そう言えば、20年位前にアメリカGP見に行った時にも、パドックにmotoFIZZの商品が日本で売ってるそのまんまのパッケージで販売されてましたなー。


しかし、アメリカ人が日本製品のパッケージがでかすぎると文句言ってるのはちょっとオカシイ(^_^;)

最近、GSネタが無かったので久しぶりに・・・


クロス2ミラーをつけた


今日は、鈴鹿までちょっと用があったので行ってきました。
ついでにN部品でナポレオンのバックミラーを購入。「クロス2」のオプティクスというタイプです。
最初は純正ミラーでしたが、後方確認がしづらく感じた為、社外品取付用のミラーマウントアダプターを購入し、同じくナポレオンの「ラジカルミラーEX」というミラーに付け替えていました。
このミラーには後方視認性やデザインは気に入っていたんですが、ボールヘッド部が振動に弱いようで、しばらくすると、高速走行時にミラーが倒れてくるようになりました。


そこで、デザイン的にはGSと合うのかどうかビミョーなんですが、クロス2をつけてみることにしました。
どうせなら、ということで、特殊なコーティングで防眩効果があるという「OPTIX」というちょっと高い方にしてみました。
写真でミラーが薄紫色に見えるのは、そのコーティングの為です。


鈴鹿から帰ってくるのにミラーを付け替えてみました。
コーティングの効果は、よくわかりません(^_^;)。太陽が直接入るとダメですね。(当たり前か)
夜間走行の時に本領発揮するのかな?
視界にはまあまあ満足しました。特に良かったのは、今まではある速度域でミラーが振動してほとんど何が映っているかわからなくなったのですが、このクロス2は、どの速度域でも明瞭な視界を確保してくれたことです。
『衝撃を吸収する「安全機構ターナー」』というのが車体からの振動を吸収してくれるのか、形状的に従来使っていたもののような振動の伝わり方をしないのかは不明ですが、これで後ろから走ってくる覆面●●もはっきり見えますね(^_^)v
ただ、この「ターナー」が緩んできて、ラジカルミラーの様に高速走行で角度が変わるようになってしまわないかが心配です。


あ、GPSも変えたんでしたね。これについては、またあらためて。
まぁ、写真でわかるように、MioのP350になってます(だから、ナビ本体を収納していたタンクバッグが無いんです)
知り合いから中古で譲ってもらえたので(^_^)v
どうせ、ルート案内はあまりアテにしていないので、現在地の確認が出来ればいいや、と。
これのいいところは、走行ルートのログを取れるんですよ。帰ってからGoogleEarthとかで、どこを走ったか見られるんですね。

IMGP0314.jpg
Optio43WR


昨年は諸事情により、スキーを始めてから全くスキーをしない初めてのシーズンでした。雪は豊富にあったのにね。
で、今回の連休を利用してホームゲレンデの乗鞍高原温泉スキー場へ行ってきました。


一昨年来た時には、乗鞍の下にある「いがやスキー場」がナイター営業をやめていて、「あれ?」と思ったのですが、乗鞍はチケットシステムが変更になっていました。
以前は、ICカードを利用した自動改札システムだったのですが、それが撤去されて、昔のような紙のチケットに戻っていました。
おそらく、システムの更新時期が来たので、コスト対効果を考慮して廃止を決めたのでしょう。
いがやのナイター休止も同様の理由だと思います(ナイター設備はまだ稼働する状態で残っているけれど)。


自分も年1回行くか行かないかになってしまっているし、スキー人口って確実に減っているんですよね。
昔自分達がそうだったような、若者達のグループってのがあんまりいませんからね。ほとんどは自分達と同年代の子供連れ、もしくはさらに年配のシニア層なんですよね。


それより気になったのは積雪の少なさでした。乗鞍は比較的雪には恵まれている為、ゲレンデは問題なかったんですけど、リフトから見える部分がかなり地肌が出ていたりして、今年の異常な暖冬を物語っていました。
ちょっと前に某電力会社のラジオCMでやってたように、『雪が降らないからスキー部が廃部になる』なんてのが冗談では無くなっているような・・・いや、この反動で氷河期に入るのかも知れません。(『デイ・アフター・○モロー』より)


けど、スキーの後の温泉はやめられませんなー。来年も行くぞー。行けるといいなー。

ヘルメットのシールドには標準でついているクリヤーやライトスモークを使っていますが、陽射しの強い時なんかは、スモークシールドが欲しくなりますね。
簡単に付け替え出来るとはいえ、ツーリングに行くのに余分な荷物が増えるし、パッキングしづらいですよねー。


そんなわけで、サングラスを使う訳なんですけど、なかなかヘルメットとサングラスって相性が悪い。
こめかみが痛くなってきたり、ずれてきたり、なかなか「コレ」というものがありません。


で、本屋で雑誌を立ち読みしていて見つけたのがホンダのUVサングラスです。
ホンダUVサングラス(アンバー)
雑誌によるとショウエイとの共同開発みたいなので、ヘルメットとの相性は折り紙付きです。
あとは、マスターの顔との相性ですね(^_^;)
近くにホンダの大きな販売店が出来たんで、冷やかしがてら見に行ってこようかな。