cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)

白いビッグバードことR1200GSラリーも、間もなく9000km。先日、シルバーウィークのツーリングで1000kmほど走ってきたので、エンジンオイル交換しました。
エンジンオイル交換
今回も、カストロールのPOWER1 Racing 4T 10W-50を使いました。
色々調べてると、BMWは、1万kmまでは鉱物油を使った方がイイとか書いてあるところもあって、100%化学合成のコレでは無く、部分合成の無印4Tの方が良かったのかなぁ?とも思ってます。
でも、DOHCはやっぱり100%合成の方がいいのかなぁ?

で、ちょこちょこ換えてたので、1万km走ってないのに、オイル交換4回目でした(^_^;)

ところで、ミッション別体式の空冷R1200GSでは、エンジンオイル換えてもミッションのタッチは変わりません(^_^;)
購入してから一度はミッションオイルも交換したのですが、ミッションのタッチがガチャガチャと今ひとつ悪いような感じもするので(DOHCのRシリーズはこんなものなんでしょうか?)、もう一度交換しようかな?とも思ってます。
ミッションオイルのブランド変えるとタッチが変わるかな?(今入ってるのはmotorexです)
仕事がほんの少し忙しかったストレスから、必要でもないものを買ってしまった(^^;)

IMG_1550.jpg

ヤフオクで、ブレーキ&クラッチレバーを落札しちゃったのです。
バイクの部品をオークションで見ていると、レバー・ブレーキディスク・HID等が、いやというほど出てきますよね?
「そんなの要らないや」
と無視していたのですが、他のものが欲しくて、その出品者の他の出品物を見たら、これがあったんです。
「赤いレバーなんて、ないわぁ~」
と思っていたのですが、装着してある写真を見たら、
「アリかも?」
フレームの色も赤ですしね。

ということで、後日落札し、本日装着しました。

これを選んだもう一つの理由は、「UK(U-KANAYA)」というブランドで、元ヤマハワークスレーサーの金谷秀夫さんのプロデュースということ。
レバーの角度を好みに変えられるし、工作精度も高く、なかなかよさそうです。

ところが、この記事を書くに当たって、金谷さんの事を調べていたら、昨年12月に亡くなられていたのですね。まだ70前という若さでした。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
事件現場の立ち入り禁止ロープのような荷造りテープで梱包された荷物が、海を渡ってやってきました。
IMG_1474.jpg


中身はコレ。
IMG_1475.jpg


泥はねがひどいと言われるR1200GSでは定番とも言えるMudslingですな。
黄色の時は10年近く、このようなものはつけていなかったのだけど、今回はつけてみることにしました。
しかし、発注してから一週間で届くとは、nippy normans仕事早いな。

まずはフロント。これが装着前。
IM1476.jpg


装着後。
材質の質感も似ているので、取り付けても違和感はないですが、予想以上に雰囲気は変わりますね。
IM1477.jpg


続いてリヤ。装着前。
IM1478.jpg


わかりづらいけど、装着後。
リアサスとかが後ろから見えなくなります。
IMG_1479.jpg


右側から見たところ。
フレームの隙間がふさがれるので、脚への泥はねが軽減されそうです。
IMG_1480.jpg


左側も同様ですが、こちらは、センタースタンドかける時に握る場所なので、ちょっとビミョー(>_<)
IMG_1482.jpg


おまけにサスペンションのカバー先端が接触しているので、戸当たり軽減用のテープをとりあえず貼っておきました。
サスペンションのカバーを外しちゃってもいいのかな?
IMG_1490.jpg


と、一部ビミョーな部分もあるけど、仕上がりの精度も良く、樹脂製とは言え、それほど安っぽい感じもなくてイイ感じ。
取り付けも非常に簡単でした。

たまたま、購入時に装着されていたエンジンヘッドカバーも同じメーカーで、machineartmoto三兄弟そろい踏みとなりました。
IMG_1492.jpg

更新をサボっていたら、年が明けて一月もまもなく終わりになっていました。

昨年納車された白いビッグバード、その後、いつものように自分の好みに少しずつ手を入れています。

IMG_1315.jpg
ナビとETCを純正ナビゲーション取り付けステーに移動しました。

IMG_1309.jpg
ハンドルを20mmほどUPし、ボトルホルダーもつけました。
意外にこの位置って、メーターの邪魔にもならないし、ハンドルを切ってもどこにも当たらないんですね。

IMG_1310.jpg
IMG_1311.jpg
ちょっとバイクから離れる時のために、ヘルメットホルダーをハンドルの左右に。
スズキの純正部品だそうです。二つつけたので鍵が二つ増えるのが玉にきず。

IMG_1312.jpg
LEDの補助ライトもつけました。ステーは純正だけど、ライトは怪しい格安品(^_^;)

IMG_1313.jpg
補助ライト用スイッチ。

IMG_1314.jpg
ネットで見かけた記事をまねして、タンデムグリップにヒーター装着。
配線は、テールランプの上の隙間から下ろして、シートの下へ通しました。
タンデムライダーって、割と手が冷たいらしいんですよね。
まだ、600kmほどしか乗っていない、白いビッグバード(R1200GSラリー)ですが、見た目ではわからない変更点がありました。
シートです。

先代の時には、30分も乗っていると、尻が痛くなってくるし、ブレーキングで前に身体がずれてしまったり、乗りづらくて仕方なかったので、中古のシートを入手して、自分でアンコ抜きして形を整えて使っていたのです。
しかし、今度は全然そんなことないんですよね。
旧型のノーマルシートが手元に無いので比べられないのだけど、どうやら、08年のマイナーチェンジの際に、シートの形状とか材質とかが改良されているようです。
取付部分が変わっただけじゃ無かったんですね。
このシートは、特別仕様のカラーなので、出来れば手を加えたくなかった部分ですが、どうやらそのままでOKみたいです。
IMG_0928.jpg
意味不明な記事が続きましたが、要するに愛車が変わったわけです。
先代の初期型R1200GS(2004年式)から、今度は空冷GSの最終型であるR1200GS(2012年式)になりました。
先代に乗り続けるかどうか迷ったのですが、現行モデルで水冷化されてしまいましたので、先代も来年の車検で10年目になるのと、空冷最終型の新車に近い程度の良い中古が手に入る今の内に、と考えていました。
そんな時、たまたま、最終モデルの限定車「Rallyeバージョン」を見つけたので、思い切って決めてしまいました。

まー、初期型と最終型と言っても、基本は変わってないので、パニアケースなど流用出来る部品が多いのですが、8年の間にマイナーチェンジや、かなり大きな仕様変更もあったので、別物のような部分もあります。
色々と変わった部分をあげてみましょうかね。

1:ブレーキ握っても、みゃーみゃー言わない。

2008年式から(?)、ブレーキのサーボアシスト機構が廃止されたそうです。
この機構、軽く握っても強力に効く、とかで鳴り物入りの装備だったみたいだけど、アシストに使うモーター音がうるさくて、信号待ちでは結構気になりました。モーターが壊れないか心配だったし。長い事乗ってたら慣れましたけどね(^_^;)
まー、無しですむなら無い方がいいのかな?

2:排気音が歯切れ良い。

結構、エンジン音は違います。
先代が悪く言えば、「もそもそ」とした感じだったのが、DOHC化されてから、排気音が大きく変わったようです。
マフラーの形もほとんど変わっていないのだけど、歯切れ良い元気のいい音になりました。
排気音が変わったからか、メカノイズがあまり気にならなくなりました。

3:極低速がスムーズ。
ちょっと乗っただけなのだけど、低速の力が十分あって、元気な排気音と裏腹にスムーズ。
ハンドリングも、タイヤが変わったから(ブロックタイヤからロード寄りのパターンになった)かも知れないけど、ふらつきが少なくなった。

4:センタースタンドが物凄く軽くなった。
これは、2007年式からかな?
異常に重かったセンタースタンドがけが、普通に軽くなった。
ほんのちょっと、スタンドの取付位置が変わっただけのようです。
それに伴い、サイドスタンドの形状も大きく変わりました。

5:タンクキャップ部分のデザインが変わった。
これは前の方が好きかな?新しいのはちょっと安っぽいデザインになってしまった。

6:リアキャリアとテールランプの間が広くなったように感じる。
テールランプがLEDになって、少し小型になったのかな?
キャリアの下にぶら下げるバッグを流用しようと思ったけど、サイズがビミョーに中途半端みたいな感じです。

7:ハザードランプを点けるのに両手が必要。
GSも、この2012年式空冷を最後に、ウインカーが左手だけで操作する日本車と同じスイッチになってしまう。
けど、2004年式と違って、ハザードランプのスイッチがあったところに、ESAという電子制御サスペンションの切替スイッチがついてしまったので、ハザードランプは両手親指でウインカースイッチの同時押しという操作になったのです。

8:フロントシートが取り付けやすくなった。
フロントシートは、高さが変更出来るのですが、バイクへの固定部分が、なぜか折れ曲がるようになっていて、非常に取り付けづらかったのが、2012年式では改良されていました。いつから改良されたかはわかんないけど、たぶん、スタンドが変更になった2007年の頃じゃないかと思います。

9:ハンドガードがちっちゃい。
ハンドガードの形状が変わり、標準装備の物は少し背が低いタイプになった。
これから寒くなるので、別売りの大型ガードを早速注文しました。

10:ガソリン残量が詳しく表示される。
今度はオンボードコンピューター付きになったので、先代の大ざっぱな残量表示と違って、減っていく経過もかなり細かくわかるようになった。
他にも平均燃費や平均スピード、他に外気温も表示されるので、ツーリングでは重宝しそうです。

てなわけで、現在、先代ビッグバードから取り外してあった装備や、新しく購入した部品の取付をして、自分用に仕立てている途中です。
あ、今度の日曜日は神社で交通安全祈願してもらってこよう。

で、新しいGSのペットネームは「○ンダム」ではなく「白いビッグバード」ですので・・・(^_^;)
日曜日の夜、我が家へやってきた「白いヤツ」
白いヤツ

白・青・赤・・・どこかで見たカラーリング。
だけど、一色足りないような・・・

黄色い部品

あ、先代ビッグバードから外した部品があった。

色が揃った(^_^;)

色が揃っちゃった・・・○ンダムですな(^_^;)
昨日の雨の中を、我が家に白い巨鳥がやってきました。
白いやつ