cafeHELIOS

いらっしゃいませ。 珈琲は自分でいれてね(^_^;)


coverphoto
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
パソコンはWindows、スマートフォンはiPhone、で、ずいぶん前にはアンドロイドのタブレットも使っていたけど、メーカーの裏切りに嫌気が差して手放してしまった。
タブレットは、Windows8の10インチのを買ったけど、今一使い道が見つからず。やっぱり、10インチってタブレットとしては重いですな。
ということで、仕事でも使えるような7か8インチのタブレットが欲しくなった。
最近流行の8インチのWindowsタブレットにほとんど傾きかけていたのだけれど、土壇場逆転でなぜかnexus7(2013)を購入することになってしまった。
nexus7は、初代機の価格インパクトが強すぎて、現行の2013はどうしても割高に感じてしまう。
性能は問題無いし、qi対応は嬉しいのだけれど・・・と思っていたら、アウトレットで安く出ていたので、ポチってしまったので(^^;)
まー、アンドロイド端末も一つあってもいいかなぁ、と思ったしね。
IMG1730.jpg

ケース(カバー)は、Mokoというメーカーの、Ultra Slim Lightweight Smart-shell Stand Caseというのを選んだ。
カバーをつけたままqi充電できて、開閉がスリープに対応しているできるだけスリムなカバーがいいと思ったので。
純正ではその条件を満たしていなかったのは残念。
この、Moko社は、日本に正規代理店がないので、偽物を掴まされる確率もかなり高いようだけど、幸い、本物を入手できたようです。(amazon.co.jpでEbestというショップでした。)
色は黒だと普通なので、インディゴブルーにしてみた。
使い勝手はまぁまぁかな。特に不満はないです。


IMG1731.jpg

これが、カバーを閉じたところ。

しかし、このカバーだけでは持ち運びには難があるので、これを収納できる小さなバッグが欲しくなった。

IMG1732.jpg

ピッタリのがありましたヨ(^_^)v
カバーをつけたままでぴったり収まるし、ケーブルなどの小物くらいは入ります。


IMG1733.jpg

これは、アメリカのミリタリー系のロスコ社というところの、トラベルポートフォリオバッグというもの。
以前から気になってはいたけど、今一使い道が見当たらなかったこのバッグ、寸法を見るとnexus7にピッタリだし、実際にそうやって使っている人もいるみたい。
色は、カーキ・オリーブドラブ・ブラックがよくあるところなのだけれど、ちょっと珍しいブラウンにしてみました。


IMG1734.jpg

だけど、価格が価格だし(2000円しません)、縫製は、かなりアメリカンです(^^;)
神経質な方にはオススメできません(^^;)


IMG1735.jpg

nexus7とは全く関係ないけど、最近買ったもう一つ。
色々あって、メガネを常用することになりました。
眼鏡屋の兄ちゃんが、「初めてのメガネにこのフレーム選ぶなんてチャレンジャーですね(^^;)」って言ってました(^^;)
仕事がほんの少し忙しかったストレスから、必要でもないものを買ってしまった(^^;)

IMG_1550.jpg

ヤフオクで、ブレーキ&クラッチレバーを落札しちゃったのです。
バイクの部品をオークションで見ていると、レバー・ブレーキディスク・HID等が、いやというほど出てきますよね?
「そんなの要らないや」
と無視していたのですが、他のものが欲しくて、その出品者の他の出品物を見たら、これがあったんです。
「赤いレバーなんて、ないわぁ~」
と思っていたのですが、装着してある写真を見たら、
「アリかも?」
フレームの色も赤ですしね。

ということで、後日落札し、本日装着しました。

これを選んだもう一つの理由は、「UK(U-KANAYA)」というブランドで、元ヤマハワークスレーサーの金谷秀夫さんのプロデュースということ。
レバーの角度を好みに変えられるし、工作精度も高く、なかなかよさそうです。

ところが、この記事を書くに当たって、金谷さんの事を調べていたら、昨年12月に亡くなられていたのですね。まだ70前という若さでした。
謹んでご冥福をお祈りいたします。
冬以外のシーズン用のグローブが少し傷んできたので、新しいのを買ってみた。
買って「みた」と言うのは、これまで何度も用品店で合わせてみたけど、いいサイズのものが無いんですよ。手が大きすぎて(T_T)

先日、奇跡的に(おおげさ)サイズが割とぴったりきたのが、ラフ&ロードのXLサイズのウィンターグローブ。この冬の後半に使っています。
で、ラフロのXLならOKかも?と、ネットでウインドウショッピングしていて気になったコレを買ってみました。

プロテクションツアラーグローブ RR8016
どうやら、鉄板のベストセラーらしい。
IMG1518.jpg



なぜ、これを選んだかというと、カラーリングがバイクとおそろいだったから(^_^)
(フランス国旗のカラーなんですけどね(^^;))
IMG1520.jpg



で、肝心のサイズはというと・・・指の長さは良かったけど、手の平がパッツンパッツン(>_<)
んー、びみょーです・・・
IMG1521.jpg

事件現場の立ち入り禁止ロープのような荷造りテープで梱包された荷物が、海を渡ってやってきました。
IMG_1474.jpg


中身はコレ。
IMG_1475.jpg


泥はねがひどいと言われるR1200GSでは定番とも言えるMudslingですな。
黄色の時は10年近く、このようなものはつけていなかったのだけど、今回はつけてみることにしました。
しかし、発注してから一週間で届くとは、nippy normans仕事早いな。

まずはフロント。これが装着前。
IM1476.jpg


装着後。
材質の質感も似ているので、取り付けても違和感はないですが、予想以上に雰囲気は変わりますね。
IM1477.jpg


続いてリヤ。装着前。
IM1478.jpg


わかりづらいけど、装着後。
リアサスとかが後ろから見えなくなります。
IMG_1479.jpg


右側から見たところ。
フレームの隙間がふさがれるので、脚への泥はねが軽減されそうです。
IMG_1480.jpg


左側も同様ですが、こちらは、センタースタンドかける時に握る場所なので、ちょっとビミョー(>_<)
IMG_1482.jpg


おまけにサスペンションのカバー先端が接触しているので、戸当たり軽減用のテープをとりあえず貼っておきました。
サスペンションのカバーを外しちゃってもいいのかな?
IMG_1490.jpg


と、一部ビミョーな部分もあるけど、仕上がりの精度も良く、樹脂製とは言え、それほど安っぽい感じもなくてイイ感じ。
取り付けも非常に簡単でした。

たまたま、購入時に装着されていたエンジンヘッドカバーも同じメーカーで、machineartmoto三兄弟そろい踏みとなりました。
IMG_1492.jpg

更新をサボっていたら、年が明けて一月もまもなく終わりになっていました。

昨年納車された白いビッグバード、その後、いつものように自分の好みに少しずつ手を入れています。

IMG_1315.jpg
ナビとETCを純正ナビゲーション取り付けステーに移動しました。

IMG_1309.jpg
ハンドルを20mmほどUPし、ボトルホルダーもつけました。
意外にこの位置って、メーターの邪魔にもならないし、ハンドルを切ってもどこにも当たらないんですね。

IMG_1310.jpg
IMG_1311.jpg
ちょっとバイクから離れる時のために、ヘルメットホルダーをハンドルの左右に。
スズキの純正部品だそうです。二つつけたので鍵が二つ増えるのが玉にきず。

IMG_1312.jpg
LEDの補助ライトもつけました。ステーは純正だけど、ライトは怪しい格安品(^_^;)

IMG_1313.jpg
補助ライト用スイッチ。

IMG_1314.jpg
ネットで見かけた記事をまねして、タンデムグリップにヒーター装着。
配線は、テールランプの上の隙間から下ろして、シートの下へ通しました。
タンデムライダーって、割と手が冷たいらしいんですよね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。